224 69 鏡+出して!! sage New! 2006/08/19(土) 00:16:57.38 ID:2JFjxpoDO
私はツン。ツンツンした性格だから、ツン。
正直言って不本意なあだ名ではあるけれどなかなか的を射ているから困る。
さて、それは置いておいて本題に移ろう。
私は文芸部に所属している。
はっきり言って本とかには興味がないがうちの学校は部活強制加入なのだ。
では何故興味のない部活動に参加しているのか、それは気になる人がいるからだ。
その人は同じ文芸部員の内藤。
いつも私に話しかけてくれる優しい人。
でも……

ξ--)ξ「はぁ……」

( ^ω^)「どうしたんだお?鏡とにらめっこかお?」
ξ゚听)ξ「うるさいわね。黙れピザ」

(;^ω^)「おっおっお……ごめんお」

こんな具合にツンツンしてしまう。
「ツンツンってレベルじゃねえwwwwwwww」
と言われるかもしれないが、私にとってはツンツンなのだ。

227 69 鏡+出して!! sage New! 2006/08/19(土) 00:19:25.49 ID:2JFjxpoDO
>>224より

私がどんなにツンツンした態度をとっても彼は話しかけてきてくれる。
私にはこの性格が災いして友達はいない。
そんな私にとって親しく接してくれることはとても嬉しいのだ。
もっとも彼は誰にでも分け隔てなく優しいのだが……。
当たり前のように人に優しくできる、そういうところに私は憧れ、何というか、その……惹かれているのだろう……多分。

ξ--)ξ「はぁ……」

( ^ω^)「また溜め息かお。さっきからずっと溜め息ついてるお」

ξ゚听)ξ「そう?」
( ^ω^)「そうだお。溜め息ばっかりついてると幸せが逃げていっちゃうお」

ξ゚听)ξ「あんたよく恥ずかしげもなくそんな臭い台詞言えるわね」

( ^ω^)「そこに痺れ」

ξ゚听)ξ「ない」

(;^ω^)「憧れ」

ξ゚听)ξ「ない」

(;^ω^)「おっおっお」

228 69 鏡+出して!! sage New! 2006/08/19(土) 00:21:41.58 ID:2JFjxpoDO
>>227より

あー!!何でこうなるのよ!?
全く……自分が嫌になる。
もっと素直になれたら……何度こう思ったことだろう。

( ^ω^)「あ、もうこんな時間だお。ボクは用事があるからもう帰るお」

そう言って彼が立ち上がった時、私の机にぶつかり鏡が……

( ^ω^)ξ゚听)ξ「あっ……」

落ちて、割れた。

229 69 鏡+出して!! sage New! 2006/08/19(土) 00:24:20.11 ID:2JFjxpoDO
>>228より

(;^ω^)「アッー!ごめんお!」

ξ゚听)ξ「はぁ……別にいいわ、安物だし」

(;^ω^)「本当にごめんだお」

ξ゚听)ξ「いいって言ってるでしょ。それより時間、何かあるんじゃないの?」

(;^ω^)「あうあう……。でも鏡の破片……」

ξ゚听)ξ「私が片づけるからあんたは帰りなさいよ」

(;^ω^)「でも……」

ξ゚听)ξ「いいから!!」

(;^ω^)「は、はい!!本当ににごめんお!!じゃあまた明日だお!!」

ああ……実はお気に入りの鏡だったのになぁ。

231 69 鏡+出して!! sage New! 2006/08/19(土) 00:31:24.93 ID:2JFjxpoDO
>>229より
次の日、嬉しい出来事があった。

( ^ω^)「ツン!昨日のお詫びだから受け取って欲しいお!」

ξ゚听)ξ「え?なにこれ?お詫びってことは……鏡?」

( ^ω^)「だおだお」

ξ゚听)ξ「内藤にしてはなかなかいいセンスね、何て言うの?アンティーク調って感じ?」

( ^ω^)「一目惚れしたんだお!」

ξ////)ξ「え?ちょ……え!?」

( ^ω^)「そのコンパクトを一目見たときにビビってきたんだお!」

……ですよねー。何ドキッとしちゃってるんだか。

ξ*゚听)ξ「ま、まあ貰っておくわ」

( ^ω^)「そうして貰えると嬉しいお!あ、今日もちょっと用事があるから僕は帰るお。ばいぶー」

ξ*゚听)ξ「じゃあまた。……うふふー」

薄暗い部室で一人で鏡を見てにやにやしている私は端からみると奇怪に映るだろうな。


232 69 鏡+出して!! sage New! 2006/08/19(土) 00:33:14.70 ID:2JFjxpoDO
>>231より

それから特に進展もなく、ツンツンした態度をとっては自己嫌悪。
自室でブーンに貰った鏡を見ながらひとり反省会。
素直になりたいと願った。
何度もそうしたことを繰り返し、時間だけが過ぎていった。

233 69 鏡+出して!! sage New! 2006/08/19(土) 00:35:12.61 ID:2JFjxpoDO
>>232より

ξ#゚听)ξ「ウザったいのよ!!」

(;^ω^)「おっおっお……。ごめんお、そんなつもりじゃ……」

しょぼんとするブーンを見てまた自己嫌悪。
ポケットの中の鏡を握り、思ってしまった。
こんな自分が嫌、もういっそのこと消えてしまいたい、と。

――把握した。
おかしな声が聞こえた次の瞬間世界が暗転した。

ξ゚听)ξ「何処なのよここ……?」

私は文芸部の部室に居たはず。
ここは一体……?
その時ブーンの声がした。

「へえ……本物だったんだ」

235 69 鏡+出して!! sage New! 2006/08/19(土) 00:38:48.71 ID:2JFjxpoDO
>>233より

ξ゚听)ξ「え……?どういう事なの!?」

「所謂、呪いって奴さ」

ξ゚听)ξ「呪い?ちゃんと説明してよ!!」

「ギャーギャー喚かないでよ、ちゃんと説明はしてあげるから。
君にあげた鏡はね、願いを叶えるという呪いがかけてあったんだ。
持ち主の願いを蓄積し一定量の願いが貯まった時に願ったものを叶える、というね。
まあ、全部店主に聞いた話だけどね。本当だとは思わなかったよ」

ξ゚听)ξ「ここは何処なのよ!」

「鏡の中じゃないかな?鏡から君の声が聞こえるし。
あ、願いが叶って幸せかい?」

幸せ?願いが叶った?違う、私の願いは違う……。

ξ。;;)ξ「消えたいなんてのは私の本当の願いじゃない!」

「知らないよ、君の本当の願いなんか。
あるのは鏡が願いを叶えたという事実さ。
ふうん、残念だったね。本当の願いが叶わなくて」


236 69 鏡+出して!! sage New! 2006/08/19(土) 00:41:01.07 ID:2JFjxpoDO
>>235より

ξ。;;)ξ「出して!!ここから出して!!ブーン助けて!!助けてええええぇっ!!」

「いやだね。正直言うと君にはウンザリしてたんだ。
せっかく僕が話しかけてやってるのにウザい?
ふざけるなよ。舐めるのも大概にしてもらいたいね。謝罪を要求するよ」

ξ。;;)ξ「ごめんなさい!謝るから!ここから出して!!」

光が射し込んできた……!!ブーン?

( ^ω^)「ツン……」

ξ。;;)ξ「ブーン!!」

( ^ω^)「あはは、残念だけど呪いの解き方は分からないんだ。呪いをかけたのは僕じゃないしね」

ξ。;;)ξ「え……?」

( ^ω^)「最期だしこっちの話し方の方がいいかお?」

ξ。;;)ξ「最期って……待ってブーン!!待って!!」

( ^ω^)「ばいぶー」

ξ。;;)ξ「ブーーーーーーーン!!!!!!」

床が近付いてきて……光が砕けた。

237 69 鏡+出して!! sage New! 2006/08/19(土) 00:42:58.16 ID:2JFjxpoDO
>>236より

私はツン。ツンツンした性格だから、ツン。
私に話しかけてくれる人はもういない。



            終

inserted by FC2 system