377 (  ゚∀゚)少佐の華麗なる作戦 New! 2006/08/15(火) 22:22:56.44 ID:vnx0PaXl0
まだ終戦記念日だから投下

戦場に移動する飛行機内にて

(  ゚∀゚)「ブーン大尉、前線はまだかね?」

( ^ω^)「同志少佐、あと1時間は我慢してくださいお」

二人の後ろには、革命の火を守ろうと、大祖国戦争に「志願」してきた若者達が、
西方のファシストどもを撃滅するのを、今か今かと待っていた!

378 (  ゚∀゚)少佐の華麗なる作戦 New! 2006/08/15(火) 22:24:50.47 ID:vnx0PaXl0
輸送機の窓をみた(  ゚∀゚)少佐。

(  ゚∀゚)「!!!!!」

( ^ω^)「同志少佐!何かあったんですかお?」

(  ゚∀゚)「見ろ!・・・あれはファシストの軍勢ではないか!」

窓の向こうに、敵陣深く潜入した敵の歩兵隊がいるではないか!が

379 (  ゚∀゚)少佐の華麗なる作戦 New! 2006/08/15(火) 22:27:18.27 ID:vnx0PaXl0
(  ゚∀゚)「まずいぞ!こんなところに敵がいるとは」

(;^ω^)「すぐに友軍に連絡しますお!」

(  ゚∀゚)「いや!ここに精鋭兵がいるではないか!」

( ^ω^)「同志少佐、ここらに飛行場はありませんお」

(  ゚∀゚)「聞けば世界には空挺兵がいるらしい。我が軍にできぬはずはないぞ」

( ^ω^)「でもパラシュートは持ち合わせてませんお!」


380 (  ゚∀゚)少佐の華麗なる作戦 New! 2006/08/15(火) 22:30:47.44 ID:vnx0PaXl0
(  ゚∀゚)「・・・!そうだ、名案があるぞ!」

( ^ω^)「なんですかお?」

ここでジョルジュ少佐、おもむろに地面を覗き込む。

(  ゚∀゚)「見よ!下には我がロシアの雪が積もっているではないか!」

(  ゚∀゚)「雪が着地のショックを吸収してくれるはず!」

(  ゚∀゚)「あのファシストどもを包囲殲滅してくれよう!」

( ^ω^)「おお!さすが同志少佐!さっそく実行しますお」

381 (  ゚∀゚)少佐の華麗なる作戦 New! 2006/08/15(火) 22:32:19.65 ID:vnx0PaXl0
かくして、素晴らしきこの作戦は実行に移された。
輸送機から、次々に降り立つ若き白露の荒鷲達!

こうして大隊は空挺降下を成し遂げた!

382 (  ゚∀゚)少佐の華麗なる作戦 New! 2006/08/15(火) 22:33:51.78 ID:vnx0PaXl0
(´・ω・`)「・・・で、結果はブーン大尉以下大隊全滅と」

(  ゚∀゚)「うむ・・・やはり雪ではダメだったのかな?」

(´・ω・`)「あたりめーだろボケ」

fin

実話に若干フィクション交えました

inserted by FC2 system