93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/17(土) 20:58:13.31 ID:GeS/lZEu0
題:つんぬこ+尿道攻め


…僕は何て汚れているのだろう…?

ξ=///)ξ「や…やめてぇ…っ!!」

…何故僕は、こんな所を舐めているのだろう?

ξ=///)ξ「はぁ…はぁ…くっ…ぅんっ…ぁあ…っ…!」

この娘は、僕にとって大事なペットなツン
金髪で綺麗な頭から、ぴょこんと白い猫耳が生えて…ぷりんとしたお尻からは真っ白な尻尾。
ちょっと気性が荒いが、すごく優しいんだ。

…だがそんなツンを喘がせてしまっている…。

…ぼくは最低だ…。


94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2006/06/17(土) 20:58:39.90 ID:GeS/lZEu0

ξ=///)ξ「はぁ…っはぁ…っ…だ…だめ…よ…そんなところ舐めちゃ…ぁあっ…!」

早くやめなきゃ…舐めるのをやめなきゃ…!!

ξ=///)ξ「ら、らめ…イ…イっちゃうぅ!!!」

そして、僕の舌は止まらない
もう暴走してしまっている!!

ξ=///)ξ「にゃ…にゃ…にゃんにゃんにゃーっ!!!」

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします エロ期待した奴、残念でした!バーカ! New! 2006/06/17(土) 20:59:45.50 ID:GeS/lZEu0

…そして、あまりに気持ちよかったためか、ツンがお漏らしをしてしまった。

…そして僕の右手には爪楊枝
ちんこの尿道を攻めていたのだ。

…そして僕は、自分の尿道を責めながら便器を舐めていた。


…何故ぼくは便器を舐めてしまったのだろう?
…それは多分、ツンのおしっこの味を少しでもいいから味わいたかったからだと思う。

自分でも詳しいことは分からない。

…どうしてこんな光景をおかずにして、ツンはオナニーをしていたのだろう?

…何もかもが分からない
これが僕とペットの生活。

inserted by FC2 system